• Introduction to Bicon
  • バイコンの歴史
  • Why Bicon?
  • バイコンデザイン
  • 柔軟性に長けた補綴処理
  • バイコンインプラントの特長
  • セミナー・研修会
  • 症例
  • 会社案内
  • 資料請求
  • 出展予定学会
  • 論文
  • ムービー・カタログ・マニュアル
  • iBicon Network
バイコンジャパン株式会社 TEL :0120-8150-62 FAX:0120-418-117
Why Bicon?

THE BICON IMPLANTは、スクリューレス設計により、術者だけでなく技工士や患者の皆様にもご満足いただけるインプラント治療をご提供いたします。

補綴医
バイコンシステムのスローピングショルダーインプラントと360°位置設定可能なアバットメントにより、審美性に優れた歯肉の再現が可能となります。
バイコンインプラントは、従来の補綴テクニックに加えノンセメント・ノンスクリュー補綴であるIntegrated Abutment Crown™

口腔外科医
ロッキングテーパーによるバクテリアルシールが、インプラント-アバットメント接合部への細菌侵入を阻み、インプラント周囲炎を予防します。
また、バイコンショートインプラントは骨増生の必要性を最小限とすることによって簡潔なインプラント処置が可能となるため、インプラント治療を希望される患者様の増加につながることでしょう。

歯科技工士
多くのインプラントシステムでは高価なカスタムアバットメントの作製が必要とされますが、バイコンシステムにおいては、メタルボンドクラウンやオールセラミッククラウン、オーバーデンチャー補綴を従来通りの印象採得方法で作製することができます。とくに審美性を要求される部位においては、セメントレス・スクリューレスのIntegrated Abutment Crown™(IAC)を用いることで柔軟な対処が可能となります。

患者様
バイコンインプラントシステムの優れた審美性と機能性を備えた補綴物に、患者様もきっとご満足頂けることでしょう。また、スクリューアバットメントで発生する嫌気性菌臭の問題もバイコンインプラントでは一切起こらないため、安心して治療をお受け頂くことができます。

バイコンデザイン

バイコンシステムは、オッセオインテグレーションの研究を目的としてではなく、臨床応用を目的として開発されました。生物工学の原理に基づいた1.5°のロッキングテーパーは、アバットメントを360°位置設定可能とするだけでなく、バクテリアルシールとして機能することが証明されています。プラトーデザインのインプラント体は、深く刻まれたフィン間にハバース層板が成熟し、より強固なオッセオインテグレーションを獲得する事が可能となります。また、インプラントのスローピングショルダー部には骨の形成スペースが確保されるため、骨の支持を有する歯間乳頭が形成され、審美性に優れた歯肉の再現が可能となります。

1985年より不変の完成されたシステムを提供し続けてきたバイコンインプラントでは、独自のデザインによって理想的な生物学的幅径が付与され、長期的な骨レベルの維持に貢献します。これは現在では、”プラットフォームスウィッチング”として話題を呼んでいます。
バイコンシステムをご活用いただくことで、インプラント治療の可能性は無限に広がります。

アバットメント


Since 1985 》 互換性が高いアバットメントは、理想的なプラットフォームスウィッチングを付与し、優れた補綴技術を提供してきました。ロッキングテーパーにより360°位置設定が可能であるバイコンアバットメントの優れた機能性を実感していただければ、インプラントに対する見解が変わってくるはずです。


Next »

口腔外セメント合着 と IAC


Since 1985 》 スクリューを一切使用しないバイコンのアバットメントは、従来の印象採得方法を用いて、クラウンを口腔内もしくは口腔外セメント合着することができます。さらに革命的な Integrated Abutment Crown™ (IAC)は、360°位置設定可能なアバットメントを用いることによって、セメントレス補綴を可能とします。クラウンの浮き上がりや歯肉縁下の余剰セメントといった問題から先生方を解放いたします。


« Previous | Next »

プラットフォームスイッチング


Since 1985 》 バイコン独自のデザインによってインプラントには理想的な生物学的幅径が付与されます。これは現在では、”プラットフォームスウィッチング”として話題を呼んでおり、長期的な骨レベルの維持に貢献しています。


« Previous | Next »

スローピングショルダー


Since 1985 》 スローピングショルダーは、柔軟なインプラント埋入を可能とし、インプラント周囲の骨レベル維持にも大いに貢献します。スローピングショルダー部に骨の形成スペースが確保されるため、骨の支持を有する歯間乳頭が形成され、審美性に優れた歯肉の再現が可能となります。


« Previous | Next »

1.5°ロッキングテーパー


Since 1985 》 1.5°のロッキングテーパーが、インプラント-アバットメント間のマイクロギャップを0.5μm以下とすることによってバクテリアルシールとして機能し、インプラント周囲の骨吸収や粘膜炎を予防します。

画像提供;Ziedonis Skobe, PhD, Forsyth Institute and Harvard University, Boston, MA and Thomas G.H. Diekwisch, DDS, PhD, UIC College of Dentistry, Chicago, IL


« Previous | Next »

プラトーデザイン


Since 1985 》 プラトー(フィン)デザインは、同サイズのスクリュータイプインプラントと比較して表面積が30%以上広く設計されています。深く刻まれたインプラントのフィン間にはハバース層板が成熟し、より強固なオッセオインテグレーションを獲得する事が可能となります。

画像提供;Paulo G. Coelho, Ph.D., New York University


« Previous | Next »

ショートインプラント


Since 1985 》 バイコンショートインプラントをご使用いただくことによって、骨増生を必要としないインプラント治療が可能となり、難症例に対しても柔軟にご対応いただけます。ショートインプラントが、多くの臨床ケースにおいて成功を収め様々な問題を解決していることから、インプラントに過度な長さは必要ないと考えています。


« Previous | Next »

低速回転ドリリング


Since 1985 》 無注水下、毎分50回転の低速回転によるインプラント窩形成により、ドリリング時の自家骨採取が可能となります。ドリリングに使用するラッチリーマーはチタン合金製のため耐久性に優れ、インプラント治療にかかるコスト削減に貢献します。


« Previous